カテゴリー別アーカイブ: 信州

山路珈琲

飯田市錦町1-7-2


飯田にあるコーヒー豆のお店。
実は何度もお伺いしているのですが、定休日だったりすでに閉店していたり。
やっとご縁が結ばれました。
ブレンドとブラジルシングルをいただいたのですが、
お湯を注ぐとプク~ッといいかんじでふくらんで、
苦みと酸味のバランスも自分たち好み。
中川村のセラードさんと、ここ山路珈琲さん。
おいしいコーヒー豆が買えるお店が見つかってよかった!

高遠ますや

伊那市高遠町東高遠1071


行者蕎麦のお店です。
焼き味噌と辛味大根でお蕎麦をいただきます。
香ばしい味噌にキリリとした辛味。
大人の味わい。


お蕎麦は3種類。
「玄」は、高遠産。芯に近い部分を使った甘みのある蕎麦。
「抜き」は八ヶ岳山麓産を、手碾きの石臼で超粗びきにした薄緑色の蕎麦。
「田舎」は、おばあちゃんの手打ちそばをイメージした噛む十割蕎麦。
蕎麦の個性を楽しめます。


鴨の塩こうじ漬け。
噛むたびにジュワリと旨味が染み出します。
蕎麦にはこれくらいの野性味が合う。

花盛りですが、どうすれば?

朝、庭に出ると新しい花に出会います。
花の名前もわからないのに、お世話もしていないのに・・・。
そんなこと、どこ吹く風。
咲き乱れています。


ものすごく大きな、自己主張のはげしい花。
君は誰?


つつじは何株あるのか?
次々と満開を迎えています。
蜜蜂さんが大忙し。


足元にはこんな可憐な花たち。
エーデルワイス?
まさかね。


これは教えてもらいました。
花梨だそうです。
薄桃色の美人さん。


たんぽぽ畑。
かわいいのですが・・・。


こうなっちゃうとね、たんぽぽに占領されてしまいますから。
ただいまたんぽぽ退治に追われております。

ウェスト・ヴィレッジ

伊那市狐島4258-4


伊那谷にオールドアメリカ。
ゴマさんが好きな雰囲気だね。


なんだか二人とも甘い飲みもの所望です。
生クリームたっぷりのコーヒーと、
アイスクリームがのったアイスカフェオレ。
アメリカっぽいと甘い飲みもの。
脳がつぶやいたのか???

信州市田酪農

下伊那郡高森町出原162-2


伊那谷には牧場があちらこちらにあります。


牛乳やヨーグルトなど乳製品を直売されていて、さすがにおいしい。


ゴールデンウィーク限定でソフトクリームが販売されていました。
ミルクそのもの。
ジェラートのようにさっぱりしていて絶品でした。
のむヨーグルトも濃厚で幸せ!!

Moter Cafe Dream

下伊那郡阿智村駒場952−5


昼神温泉に近い阿智村にあるモーターカフェ。
おもしろいカフェだよ、と教えてもらって行ってきました。


お店の前には、昭和な車やバイク。


すごい数のバイクバイクバイク!
これはマニアにはたまらないんだろうなぁ。


業務連絡です。
バイク好きのモッチーくん、ぜひ一緒に行きましょう。
お店の人もとっても気さくで、ステキなご夫婦ですよ。


奥様ご自慢のキーマカレーは本格派。
スパイスがばっちり効いていて大好きな味。


ピザのアスパラガスは自家製だそうです。
アスパラガスの味が濃くて甘みもあってびっくり!
ゴマさん、がぜんアスパラガスづくりに興味津々。

鰹節問屋のお蕎麦屋さん・みのり

岡谷市田中町1-4-5


岡谷市に行くたびに立ち寄ってしまうお気に入りのお店。
鰹節の看板が目印。


メニューが豊富、リーズナブル、おいしい!!
ちょっとわかりにくい場所ですけれど、惚れております。


鰹節問屋ならでは。
おかかのふりかけが置いてあります。
ご飯にたっぷり振りかけて、お醤油をポタリ。
何杯でも食べられそう。
お蕎麦の人も小さなご飯をお願いすればサービスしてくれます。


ランチのお得ざるそばはなんと3枚分。
思い切りお蕎麦を楽しめます。


タレかつ丼(ミニ)と温かいおそば。
お蕎麦の上の黒いのは原藻だそうです。


海苔のもとになるのかな。
シンプルですが、これはうまい!


岡谷名物の鰻のセットもあります。
贅沢ですねぇ。


さらに、こんな定食も。
唐揚げとレンコンの天ぷら。
天ぷら系もおいしそうなの!
次回は天丼食べたいな。

いいこといち


みのわ天竜公園の春、いいこといち。


野菜屋さんとかパン屋さんとか雑貨屋さんとか。
子どもたちは綱渡りにチャレンジしてたり、
青空ヨガ教室していたり。
のんびりほのぼの。


きのこ文庫。
きのこの本がならぶかわいい図書コーナー。


野菜屋さんで行者にんにくをいただきました。
葉っぱは酢味噌和えに。
茎の部分は醤油漬けに。
にんにくよりもさっぱりしていておいしい!
今年、畑で作ることにしました。

盛屋の食パン

駒ヶ根市上穂北25-1


食パンが大人気のお店。
すぐに売り切れちゃうので午前中には来店がお約束。
または予約でキープ。


ふっかふかの食パンゲットです。
あまりにやわらかいから、大切に持って帰らないとへこんじゃいます。
小さいサイコロたちは、中にあんことかナッツとか入ってます。

お餅かえりしたら、まずはそのままパクリ。
フワフワ~~~と楽しんで。
翌日はトーストでフワッカリッもいいかんじ♪

花桃の里


クラインガルテンから昼神温泉方面へ。
山間の里は花桃でピンク色に染まっていました。


桜のシーズンが終わっても咲き乱れる花桃。


花咲爺さんが住んでいるのでしょうか?


ピンクはくっきりしたインパクトのある色。


白は純白、お上品です。


で、マーブルもある。
頬を染める少女みたいね。


なんと、ピンクと白の色が両方咲く木も。
絶妙なカラーリングが可愛らしくて素敵なんです。
これぞまさに桃源郷だ!