カテゴリー別アーカイブ:

ロアール&きゃらこ

和歌山県岩出市中迫411


砥部焼のカフェが和歌山に。


店内は砥部焼がずらり!
もともと、様々な器を扱っていたけれど、
実用性という点から砥部焼のみに絞ったそうです。


カフェスペースでも、もちろん砥部焼。
白とブルーのコントラストがやっぱりきれい。

すし藤左エ門

和歌山県岩出市中迫201−1


和歌山までドライブ。
お昼は地元のお寿司屋さんで。


開店5分前に到着。
平日なのにもうお客さんが待っていました。
この時間に行くのが正解だったらしい。


とにかくお得なランチセットです。
お魚が新鮮!コスパ最高!
ご近所にあったらいいのになぁ。


食後にはデザートのプリンとコーヒーまで。
大満足です。

福光屋のANP71

石川県金沢市石引2丁目8-3


加賀の老舗酒屋の福光屋さん。
お酒飲めないのにね、でも買いたいものがあったの。

 
お酢とか、甘酒とか、福ちゃんグッズとかいろいろあるの。


買いたかったのはこれ。
お米の醗酵飲料ANP71。
ヨーグルトのような味だけど米と米麹だけでできています。
これ、毎朝飲んでるとすごく調子いい♪
だけど、お値段がちょっとね。
もう少し安くなってくれたらありがたいです。
福光屋さんお願いします。


これもねらっておりました。
みりん粕のこぼれ梅。
お砂糖代わりに使うと優しい甘さでいいんだよ。
こぼれ梅を使ったグラノーラも買ってみました。
これおいしい!
お菓子代わりにポリポリ食べています。

東出珈琲店

石川県金沢市十間町42


金沢の近江町市場に近い珈琲店。


レトロな店構えで、好きなカンジです。


コーヒーはもちろんおいしくて。
で、このプリン!!
カラメルの苦みがコーヒーにぴったり。

金沢 近江町市場


とにかく駆け足の金沢旅行。
日本海の海の恵みに感謝です。


ここ、砂浜を車でドライブできるそうです。
また、いい季節にチャレンジします。


有名な近江町市場。
京都の錦市場より規模は大きいのね。


いろいろ買って帰りたくなる・・・。
お魚好きにはたまらないね。


この時期は蟹祭りです。

星野リゾート 界 加賀 その肆

お宿でのお食事、まずは夕餉です。


先附け、海のひとしな・山のひとしな


八寸
小松菜焼き椎茸のおひたし
フォアグラの干し柿
鴨燻製のりんごの串
ずいきの土佐和え
蟹と菊花の砧巻き


茄子すりながし とんぶり とび子
寄せ豆乳 春菊味噌
鮭煎餅 アーモンド


南京のすり流し
大根餅の揚げ出し 棒蟹 絹さや


お造り取り合わせ
お醤油が甘めでワタシの好み!


蟹の養老蒸し 三つ葉あん
さぁ、ここから蟹蟹パレード!


蟹の絹糸揚げ
衣パリパリで食べやすいの。


蒸し蟹
全員ここにて無口になる。


最後はデザート
ごちそうさまでした。

次は朝餉


季節のひとしな
椿をイメージした一品


焼き魚、温泉卵、炊き合わせ、いしるの湯豆腐などなど。
ごはんのおかずたっぷりで・・・幸せ。

星野リゾート 界 加賀 その参


星野リゾート界、夜になりました。


宿の前にある公衆浴場「古総湯」。
ここがとっても風情のあるお風呂でステキだったんです。


脱衣所がなく、湯船だけのクラシックスタイル。
2階は休憩室になっています。
宿泊者は無料で利用できました。


明治期から公衆浴場はあったんですね。
2010年に復元されたそうです。


星野リゾートの大浴場は写真が撮れなかったので、
お部屋のお風呂のショットを。
ちゃんと柚子が用意されていました。


夜9時からは、加賀獅子舞のご披露。


ガブリと噛まれて縁起よし!


エントランスには、加賀の雪をイメージしたオブジェ。
水引で作られているそうです。
きれいね。

星野リゾート 界 加賀 その弐


お部屋をちょっぴりご紹介。
ベッドとお布団の中間みたいなかんじで落ち着きます。
テレビやソファとはお部屋が区切ってあるので
ゆったりとくつろげます。


木の箱の中には・・・お茶のセットが隠れています。


洗面所やシャワールーム。
明るくてお洒落やね。


風呂敷の中にはアメニティグッズが。
もちろん風呂敷はいただきました。


ライブラリーコーナーの奥にあるのはお茶室。
温泉にちゃっぽりつかったあと、お抹茶をいただきます。


冬の里山をイメージしたお菓子。


長旅の疲れをお抹茶で癒します。
なんだか体の中がスッキリしました。

続く!

星野リゾート 界 加賀 その壱

石川県加賀市山代温泉18-47


メディアで話題の星野リゾート。
山代温泉内にある宿に泊まりに行きましたよ♪


星野リゾートの「界」は和の趣の温泉旅館シリーズなんだとか。
伝統の和と星野リゾートならではのモダンの融合。


手前は昔からある老舗の宿を改修された建物。
奥の宿泊棟は新たに建てられたそうです。


お庭は九谷焼を配したモダンアート。
魯山人の器が飾られていたり。
小さな美術館を訪れたようです。


ライブラリースペース。
コーヒーやハーブティを自由に飲みながら、
写真集やガイドブックを眺めて・・・。

続く♪

竹田の油あげ 谷口屋

福井県坂井市丸岡町上竹田37−26−1


福井県の名物油揚げのお店。
もっと、峠の茶屋のような店構えを想像していたのでびっくり。
なんだかケーキ屋さんみたい。


今日のお昼は控えめにしないといけない、ワケありです。
なので、テイクアウトでおあげ一丁よろしく!


袋の中には食べ方ガイドが。
ふむふむ・・・。


すごいボリューム。
別のカップに入っていた大根おろしとネギをドバッとのせて。
ジュワッとおいしいおつゆが出てきて幸せだわ。