カテゴリー別アーカイブ: 地域ごと

大芝セラピーロード


ミドルエイジまっさかりのワタシたち。
ゴロゴロしてるばっかりじゃいけません!
ウォーキング+スロージョギングをはじめました。


こんな気持ちいい、セラピーロードがあるんです。
ウッドチップが敷き詰められた足にやさしいコース。
森林浴しながらのウォーキングです。


鳥の声に励まされながら、約30分。
アップダウンも少なくて気持ちいいコースです。
これなら続けられそう。
ノルディックポールを購入しようか思案中。

野のもので雑穀ランチ

伊那市長谷非持1400


たかきびの染めもの教室のあとは雑穀ランチをいただきます。


ご飯に雑穀は基本ですよね。
我が家もずっと雑穀ご飯です。
玄米ご飯は、体質的に合わないので雑穀でフォローしています。


ランチプレート。
ハンバーグ、コロッケ、サラダのドレッシング、あえ物。
すべて雑穀でできています。
少量に見えますが、お腹いっぱいに。
雑穀がモチモチしていて、満足感があるんですね。
勉強になる!


食後のスイーツも雑穀入り。
ビタミンやミネラルが上手に摂れる雑穀。
もっと活用したいアイテムです。

たかきび染め教室


雑穀として利用されるたかきび。
その殻を利用した染めものワークショップに参加しました。

 
まずは先生が、手順をレクチャー。


たかきびはティーバック袋に入れて煮出す。


模様のために結んだり縛ったり。
たかきびを煮出した液で煮て→洗って。
媒染液で定着させて→洗って。

 
あとは乾燥。
人それぞれ、個性が出ますね。


鉄媒染にすると、渋い茶系に。

 
みょうばんでの媒染はモスピンク! 

カメラを止めるな!


今年の映画と言えば「カメラを止めるな!」。


こんな映画館、どこにもないでしょ。
土蔵キネマ、ムーミン谷にはこんな面白いスポットがあります。


蔵の中で、お客さんは10人くらい?
ゆったりと鑑賞させていただきました。

前半のカメラワークで、ちょっとクラクラしちゃったけど。
怒涛の種明かし的な展開が痛快!
映画は予算じゃない、情熱とアイデアなんだ。
この映画を受け取った人が、思わず応援したくなっちゃう。
そのキモチよくわかる。
平成最後のドリームがつまった作品でした。

新そば+きのこ祭り


ムーミン谷が一望できる、高台の施設。
ここは、冬場スキー場になる建物です。
こんな場所で・・・新そば+きのこのお祭り!


冷たいお蕎麦と温かいお蕎麦。
きのこのかやくご飯、おろしあえ、オイスターソース炒め。
こんな山盛りのランチ、罪深いわぁ。


お蕎麦は会場の一角でどんどん打たれていきます。
地元の名手が魔法のようにお蕎麦を薄く、広く伸ばしていきます。


トントン手際よく切って、つやつやの新蕎麦完成。
蕎麦打ち教室に参加してから、プロの手技に興味津々。
やっぱり蕎麦打ちセット買おうかなぁ。

ロイヤルナンハウス宮田店

上伊那郡宮田村1037


ランチタイム終了間際、飛び込んだのにウェルカムの笑顔。
大きなナンとチキンとじゃがいものカレーをいただきました。
あつあつのナンが、おいしいよぉ。
カレーはいつでも、気持ちをあげてくれるね。


ゴマさんはこんなちょっと変わったカレー。
インドの(?)かつカレーです。
衣が、すっごくカリカリなんです。
この、おせんべいのようなカリカリがくせになりそう。
衣だけ、おつまみで食べたいくらい!

食後にはチャイとラッシーをいただいてお腹いっぱい♪
ごちそうさまでした。

木を使う、木を買う


森林組合の売り出し市。
例えば、薪ストーブに使う薪は軽トラ1台分という単位。


木の種類ごとに分かれています。
家具作りが趣味の人は、パレット単位で購入。


もう少し小さい、木工が趣味の人はこんなのを。


家を自分で建てたい人は・・・柱もどうぞ。
森に囲まれている、ムーミン谷だからこその売り出し市。
もっと地元の木が使われて、森が生かされるよう。
森の恵みを感じながら暮らせるようにしていきたいな。

そうげんのつけ焼きそば

長野市豊野町豊野沖469-8


中野のソウルフード、つけ焼きそばの専門店だそうです。
老舗の焼きそば屋さんが閉店する際、そのレシピを受け継いだそう。


これが、その焼きそばです。
さっぱり塩味の麺に、ピリ辛のタレをからめていただきます。
おコゲのついている麺とタレがおいしい。
ご当地焼きそばは、はずせないなぁ。

信州なかの音楽祭2018


中野市で開催された信州なかの音楽祭。
久石譲さんのお嬢さん麻衣さんと、加藤登紀子さんの唄声が聴ける!
これは行かなくちゃです。


久石譲さんが中野市出身ということもあって、
麻衣さんは、中野市のテーマソングも歌われています。
また、中部電力のコマーシャルソングもとっても美しくて、
包み込まれる、透明感のある声が大好き。

そして、加藤登紀子さん。
言わずと知れた大御所さんです。
紅の豚のジーナさんですものね、つながってるんです。
さすがに、声がハスキーになられていて、
でも、そのささやくような深い声が味になっている。
老いること、衰えること、すべてを受け入れて
歌い続けるその姿に感銘を受けました。

本当に素敵な時間をありがとう。

道の駅 花の駅千曲川


ドライブの途中で立ち寄った道の駅にて。
店頭には・・・野沢菜の山!!


抱えきれないような大きな一束が100円なのです。
そして、抱えきれない束を、何束もかついでレジに向かうお客さん。
どんだけ漬けるんだ、野沢菜。

ちなみに、我が家もゴマさんが野沢菜と高菜と源助菜を育てております。
さらに大根も白菜も蕪もたっぷりスクスク。
つまり、漬物三昧ということです。
信州の冬はとっても寒いので、塩分控えめでも大丈夫。
ちょっと甘め、サラダ感覚のあっさりした菜っ葉のお漬物がおいしいの。
我が家の冬の食卓は、漬物オンパレード♪


道の駅のちょっとおしゃれなカフェでコーヒータイム。
ばたー餅なんて気になるスイーツもあったりで。
はぁ~、ダイエットできないなぁ。