カテゴリー別アーカイブ: 岐阜

栗ふく


中央道の恵那峡サービスエリア。
フォルムも栗でかわいらしい「栗ふく」です。
中味は、カスタードと栗あん。
ほんのり温かくて、テロンと甘い。
ちょこっと甘いものがほしくなったらお試しください。

ふるーつ大福


中央道・恵那山サービスエリア(下り)にて虫養い。
フルーツがたっぷり入った大福です。


人気スイーツみたい。
フルーツいろいろ、餡子、生クリームがお口の中でふわっと広がって。
自分にご褒美♪

廻転すし すしの郷 とろ一挑

岐阜県羽島郡岐南町八剣1-11


岐阜の大好きな回転ずし屋さん。
回転ずしなのですが、お寿司は回ってませんでした。
職人さんがその場で握ってくれます。
ありがたいね。
まずは海老汁。
海老の頭を炙って・・・あぁおいしい。


お楽しみの穴子です。
やわらかくて、香ばしくて絶品です。


これもおすすめのうずら玉子。
軍艦の上にポチョッとのせてパクリ。


炙りの寿司が多いのもうれしいところです。
軽く炙るとお魚って脂がおいしくなる。
マグロとかもねとろけます。

岐阜タンメン

岐阜市手力町38-1


岐阜市内で何度か見かけた「岐阜タンメン」の大きな看板。
なんだか気になる・・・と思っておりましたの。
で、とうとう食べることができました。

これが岐阜タンメン!
お野菜のうまみがド~ンと主張しているスープ。
自分好みに辛さやトッピングなどを変えて食べることができます。

体がポカポカしてきて元気になりそうな味。
スポーツ系男子率が高いのは納得。

餃子専門店ひょうたん

岐阜市中鶉6-180-1


餃子しかないお店「ひょうたん」。
以前、餃子仙人と呼ばれるおじいさんが、岐阜にはいらしたそうです。
惜しまれて閉店した、仙人さんのお弟子さんお店がここ。


まずは水餃子。
皮がしっかり、漢方のような香辛料の香り。
カラダがぽかぽかしてきます♪


お次は焼き餃子です。
どっさりキャベツがいい箸休めになります。

目の前では次々と餃子が包まれていきます。
その手際の良さ・・・目が離せない!

ひょうたんさんは、ご飯もありません。
で、おにぎり持ち込み可だったりします。
本当においしかった!

人気のお店で、予約もできるそうです。
またお伺いします。

恵那峡サービスエリア


中央道を利用して関西へ往復するときは
恵那峡サービスエリアで休憩がお約束。
ご飯もおいしいし、お土産も豊富に揃っているので、
何かと便利です。
チキンかつ丼とおうどんのセットでエネルギーチャージ!


気になっていたミル挽き珈琲。
なんと1本400円。
しっかりブラックコーヒー。
贅沢しました。

回転寿司 鮮

岐阜県羽島市足近6-8-1


伊那谷から関西方面へ移動ルートを模索中。
高速で岐阜羽島へ。
岐阜羽島で新幹線に乗り換えがドライバーさんが疲れなくていいかなぁと。

で、岐阜羽島の「鮮」さんでお寿司ランチがお気に入り。
ズラリと並んだお寿司はどれも唸るおいしさ。
しかも、とってもリーズナブル。

ランチタイムは15時まで。
ありがたいです。

自然薯 やま里

恵那市大井町舟山1120-1


おいしい自然薯料理がいただけるお店に突撃。
なぜか洋風の建物。
駐車場には車があふれ・・・待ちますとも!


席につくと、突き出しとしてこんな小皿。
むかごと、一口だけの自然薯。
このちょびっとの自然薯にすでにやられます。
お箸でツルッと持てちゃう。


さて、ゴマさんは麦とろ飯と唐揚げのセット。
写真には写っていませんが、小鉢とお蕎麦もついてます。
びっくりのボリューム。
とにかくうまい。


お肉も自慢のお店なので、私は飛騨牛丼にしました。
お肉さっぱりとやわらかい!
二人でシェアでやっと完食。


食後にはシフォンケーキ。
行列ができるの納得のお店です。
ぜひぜひハラペコで挑んでください。

喫茶去 がらん

恵那市山岡町久保原433


恵那市の里山の古民家。


日曜日だけオープンするカフェがあります。


オーナーのご夫婦は名古屋でコーヒー豆の焙煎屋さんをされていて、
週末はこちらでカフェをされているそうです。


元は粉挽小屋だった建物。


窓からの景色を楽しみながら本格的なハンドドリップのコーヒをいただく。
贅沢だなぁ。
限定のカレーもあるそうです。
次回はカレーを目指して来よう。

珈琲屋らんぷ


東海地方を中心に展開する珈琲屋らんぷ。
蔵のような店構えが落ち着いた雰囲気で好きなんです。
で、ワッフルやデザートも充実していて、それもうれしい。
愛知県のお店らしくあずき系デザートも多くて。
あずきアイスクリーム。
ご褒美感あるなぁ。