カテゴリー別アーカイブ:

小さな植物図鑑 野薊


開田高原にて、野薊(ノアザミ)。

信州で生まれた「あざみの歌」。
山には山の愁いあり
海には海の悲しみや
ましてこころの花園に
咲きしあざみの花ならば

野に咲きながらも逞しく、凛としてる姿に心打たれます。

小さな植物図鑑 洋種山牛蒡


洋種山牛蒡(ヨウシュヤマゴボウ)。
ちょっと草刈りをさぼっている間に、巨大化です。
根っこから抜くのも厳しい。
困りました。


なんだかおいしそうな実ですが食べられません。
むしろ根茎には毒もあり。
小さいうちに抜いとくべきでした。

小さな植物図鑑 瘡王


瘡王(クサノオウ)。


春にも写真に撮った花でした。
皮膚病に効くことからの名前。
でも、毒草でもあるらしい。
薬は毒、毒は薬。
薬にも毒にもならないワタシ。

小さな植物図鑑 藪萱草


藪萱草(ヤブカンゾウ)。
鬼百合かと思ったけれど、このクシャクシャな花弁は藪萱草。
花は一日でしぼんでしまう。
生薬にも数えられるそうです。

キャベツ畑


広々広がる緑の草原・・・。
ではなく、一面のキャベツ畑です。


地元のキャベツ畑の収穫をお手伝い。
これが、けっこう難しい、そして体力必要。
外の葉をギュッギュッと押し下げて、収穫包丁でカット。
虫食いなどをチェックします。
これを何十個と繰り返す。
そしてトラックに積み込む。
キャベツってね、重いのだよ。
農家さんのご苦労を改めて知る。

いなまち朝マルシェ


サマーシーズンの月末の日曜日。
朝マルシェがオープンします。
駅前の古い商店街を活性化しようと
若きショップオーナーたちが頑張っています。


これこれ!!
昔からのお肉屋さんが朝マルシェだけコロッケ屋さんに。
もう、本当においしいのです。
パン屋さんとコラボしていて、コロッケパンにもカスタマイズ可♪

ReBuilding Center JAPAN

諏訪市小和田3-8


壁一面が古い窓枠。
まるでパズル。


テーブルも古材を組み合わせて。
穴も傷もそのまま、それがいい風合いに。


ここはReBuilding Center JAPAN。
解体されてしまうお家から古材や古道具をレスキューして
新たな命を吹き込んでいるお店です。


カフェもあります。
古いモノたちの静かな息遣いに囲まれて、ホッとするひととき。

小さな植物図鑑 香菜


植物の名前は和名表記にしてきたわけですが・・・。
香菜(シャンツァイ・コウサイ)は中国語の表記。
和名で調べるとコエンドロと出てきます。
漢字が当たっていない。
ポルトガルから入ってきた名前がそのままみたい。
日本人のお口には合わなかったから、興味なかったのかなぁ。
ちなみにワタシはパクパクパクラーです。
お皿山盛りパクチーも大丈夫♪
ブーム到来嬉しい限りです。

小さな植物図鑑 雛豆


雛豆(ひよこ豆)。
インドカレーでおなじみのひよこ豆の花です。
ポクポクしておいしいお豆。
初めて畑で栽培しています。
収穫できるかなぁ・・・ウキウキ。

小さな植物図鑑 立麝香草


立麝香草(タチジャコウソウ)。
こんな麗しい和名を持つのはコモンタイムです。


タイムの香り、大好き!
すくすく育ってくれています。
ワイルドタイムも育成中。