カテゴリー別アーカイブ:

庭は花盛り


裏の畑は荒れてしまっていて・・・。
助っ人部隊の家族にも手伝ってもらって草ぬきしました。
すると・・・ポピーのこぼれ種がスクスクと。
今度はポピー畑。
きれいだから、しばらくはこのままに。


庭はますます野の花が咲き乱れてきました。
草刈りが追い付かず、遠い目状態。


ムラサキツユクサと言うそうです。
色合いも美しいし、控えめながらシャキンとした佇まい。


園芸種なのか、山野草なのか。
季節の移り変わりとともに、知らない花が咲き誇ります。


今日もあっというまに夕暮れです。
麦畑が金色に輝きます。

上問屋資料館


むかし宿場町には、幕府の定めた伝馬や人足が置かれていました。


問屋はそれらを管理運営していたそうです。


奈良井宿の上問屋は慶長年間から明治維新までの270年間問屋を勤めたのだとか。


京町家にも通じる佇まい。
ひんやりとした空気の中に、歴史の重みを感じます。

奈良井宿でお買い物


日常使いのお椀を選びました。
手になじむフォルムと色合いがとっても素敵で。
使い込むうちに木目が現れるそうです。


ん?ガラス?
そうなんです。
ガラスの器に漆がほどこされています。
夕食のときに飲み物を入れて。
グンとテーブルが華やかになります。


百草丸のお店のハンドクリーム。
クリームながら、べとつき感がなくてたっぷり使えそう!


漆塗りのレトロカー。
日本の赤は品がありますね。
思い切って買いました・・・ウソ!
写真パチリでよしとしましょう。

奈良井宿場祭


木曽の奈良井宿でお祭りがありました。


3日間あるお祭りの初日、しかも平日だったのでゆったりと見物することができました。
土日は駐車場満杯の大賑わいだそうですよ。


昔ながらの美しい街並み。
観光地化が進みすぎていないところがいいなぁ。


こうやって、長い長い間木曽路を往来する旅人を迎えていたんでしょうね。


木曽の万能薬と言えば百草丸。
食べすぎたらツブツブをゴクリ、すっきりします。


午後から木曽平沢地区へ移動。
こちらは漆器祭です。
質の良い漆器のお店がずらりと並びます。
もう見て回るだけでうっとり。


漆器のテーブルコーディネート。
黒と赤のコンビネーションが大人っぽい。
洋食にもしっくりなじむのね。
漆器は軽いし、もっと使いこなしたいな。


和のたたずまいのなかにこんな、和洋折衷のお宅。
ワタシ、こんなお家が好きなんです!!
美しすぎてうっとり。

ニセアカシア


初夏の信州。
ドライブルートに白い花をつけた大木が目立ちます。
よく見ると藤っぽいお花だけど絶対違うし。
何だろう?


調べてみると「ニセアカシア」だそうです。
北アメリカからやってきて、信州は特に多いそう。
なるほど、なるほど・・・。
ドライブ中、お散歩中にいろんなお花に出会うので、
植物図鑑買わなくちゃなぁと思ってます。


ドライブ中にどうしても立ち寄っちゃうのは産直市場。
ここは松本のハイランドファーマーズガーデン。
ゴマさんは苗コーナーへ。
ワタシは売り場コーナーからのソフトクリーム屋さん。

茶臼山高原 天空の花回廊「芝桜の丘」


ガルテンの里山の皆さんから、一度は見に行ってみて!
とおすすめされていた茶臼山の芝桜。
今日は朝から曇ってはいたのですが・・・。
大丈夫だろうと尋ねてみればこんな状況。
霧ではなく雲の中・・・まさに天空。


いつもは駐車場になかなか入れないほどの
大人気だそうで、覚悟して行ったところ・・・。
さすがにお客さん少なし。


山をあなどった私たちは薄着で寒い・・・。
震えながらリフトで13分。
足元に芝桜が見えてきました。


えっと、山一面が芝桜なんですよ~。


これはこれで幻想的。
視界はミルキーピンク。


グラデーションも美しい。
ほんのりお花の香り。


ゴマさんと離れたら、きっと見つけられない。


夢に出てきそう・・・。
ピンクのカーペットの上、ヒョイと泳げそう。


わかりますか?
ハートになっているんです。
晴れた日の様子は、オフィシャルサイトでご確認くださいませ。


山を降りて里山へ。
ちょっと晴れ間が出てきました。
あっ、虹!

グリーンファームのバラ園

伊那市ますみヶ丘351-7


産直市場の中でも異色の存在、グリーンファーム。
古道具があったり、ヤギがいたり。
まるで植物園のような園芸コーナー。
どか~んと大袋の野菜売り場。
もう、見て回るだけで楽しい市場です。
今の時期はバラ園がおみごと。


バラって本当にさまざまな顔をしている。
この芸術的な花弁・・・。
人間の美に対する執念すら感じます。


ピンクから白へのグラデーション。
小ぶりで、こういうさりげない花が好き。


この色合いもステキ。
春色ワンピースのよう。


花の香りがとってもゴージャス。
色のバランスがステキです。

OH!マイママ


お芝居、見に行ってきました。
劇団NLTの「OH!マイママ」。
舞台はフランスのアパルトマン。
お洒落で小粋で、ウィットに富んだラブコメディです。
ラブ・・・なんですけどいろんなしかけがあって、
勘違いが重なって重なって・・・。
しっかりした構成の脚本で楽しめました。
こういう大人のお芝居が落ち着いて見られる
ジェネレーションになったのね。

スノーボール


紫陽花に似ていますが、違う種類なんだそうです。
この子はスノーボール。
クラインガルテンの里山マダムにいただきました。
可愛らしくて清楚。
お花の心得がないワタシもなんとなくアレンジできる器量よし。

うるぎ星の森音楽祭


クラインガルテンから車で少々。
うるぎ星の森オートキャンプ場で開催された音楽祭へ。
お昼から開催されていたのですが、
この日は田植え祭りだったので日暮れからの最後のステージへ・・・。


あっ流れ星!
ではありません。
飛行機のルートになっているようで、
飛行機が白い雲でスイッとラインを描いていきます。


会場には飲食ブースもあって、
見てまわるのも楽しい。
広々してるのがいいですねぇ。


夕焼け空から星空へ変わるころ、コンサートスタート。
楽しみにしていた竜馬四重奏さん。


ヴァイオリン、津軽三味線、篠笛、鼓のカルテット。
絶妙の組み合わせ。


こんな景色の中で、宇宙に広がっていくみたいでした。