カテゴリー別アーカイブ:

柿が大豊作


お庭の柿の木。
枝がしなるほどの大豊作です。
甘柿と渋柿の木がそれぞれひとつずつ。
甘柿は鳥に狙われてしまいます。
渋柿は狙われない。
人間の知恵で渋を抜いておいしくいただきます。


まずは、朝昼晩ひたすら食べる作戦。
冷凍作戦。
おすそ分け作戦
送り付け作戦。
それでも木にはまだまだ実がついています。

庭に狸


お庭を横切る動物の姿。
猫ちゃんの巡回かなぁ・・・とよく見ると。
狸です!!


この、人間を怖がらない態度。
追いかけてもヒョコヒョコと逃げる・・・おっ遅い・・・。
しかも、木から落ちた柿をくわえながらです。
堂々とお昼間から、日向ぼっこしています。

夜間に時折見かける狐は、サササ~ッと逃げていく。
身のこなしも素早い。

昔話に出てくる狐と狸のキャラクターはまさに
こういった姿からなのでしょうね。

小さな植物図鑑 黄檗


黄檗(キハダ)。
皮をむくと黄色の樹皮があらわれます。
だからキハダ、染物にも使われます。
また、胃腸のお薬としても有名。
信州人のお守り的お薬、御岳百草丸の主原料でもあります。
独特の苦みがよく効きます。
ワタシも旅行には必ず携帯。
ついつい食べすぎちゃう旅館のお夕食後、百草丸に助けられます。

小さな植物図鑑 ちょっと休憩


植物観察会の合い間に。
山の中に佇む仏さまたち。


木々や野草に包まれるように。
八十八か所巡りになっています。
山の空気を深呼吸、まさに森林浴。
仏さまに手を合わせていると心が清らかになっていく。

小さな植物図鑑 楓


初秋の風景なのでまだ楓(カエデ)は緑。
今はきっと紅葉で美しいことでしょう。


楓にもいろいろありまして。
葉っぱの微妙なフォルムで種類を見分けます。
葉っぱの切込みが浅くてまるで団扇のよう。
コハウチワカエデと言います。


こちらは、ヒナウチワカエデ。


よく見かけるタイプ。
切込みがしっかり入っている。
全部まとめてモミジ~って言ってましたが
あなたたちもそれぞれ名前があるんだね。

村まつり


秋にはそれぞれの集落でお祭りが開かれます。
豊年満作のお祝いです。


地元の郷土芸能劇団、田楽座さんが唄と踊りを披露。
このあと、地元の人たちも出し物を発表。
ワタシたちも踊りましたよ~。
御捻りが飛び交い、拍手と声援が温かい。


小学生の女の子たちは巫女さんの衣装でお神楽を。
お師匠さんについて、数カ月練習するそうですよ。
村まつりに参加することで地元の方とも仲良くなっていきます。
音楽は人をつないでいく、絆を深めていく。