カテゴリー別アーカイブ:

これな~んだ?

クラインガルテンのお隣さんの畑。
これな~んだ?
お豆?
いえいえ。

さや大根と言うそうです。

大根を畑に残しておくと、白い花が咲きこんな実がつくのです。
なんとなんと大根の味がします。
サラダにのってたらびっくりですね。
これ、お洒落ベジタブルではやらないかな?

いろいろ収穫ですよぉ


高原のクラインガルテンでは野菜の収穫が少々遅れます。
朝晩の寒暖差もあって、風も心地よく、
野菜たちものびのびとおいしく育ちます。
うんと寒い冬も超えるにんにくたち。
土の恵みを受けて育ちました。


玉ねぎも収穫。
保存がきくので助かります。


ちびっこ玉ねぎもゴロゴロゴロ。
一番小さい子たちは甘酢に漬けてピクルスに。
丸ごとコロンとスープ煮にしたり。
二人暮らしだと、このサイズはけっこう便利。
ゴマさんはくやしそうだけど。


ラディッシュは二十日大根の名の通り、あっという間に食べごろ。
すぐに大きくなりすぎちゃう。
小さな玉ねぎといっしょにピクルスにします。


レタスは虫もつかなくて便利!
サニーレタスやわさび菜は外葉からちょこちょこ食べられます。
結球レタスももうすぐ収穫できそう。


野沢菜、春菊、小松菜も食べて!って言ってる。
早く食べなくちゃ。
葉っぱばかり食べて、きりぎりすになりそうです。

クラインガルテンに夏がやってきた


クラインガルテンは高原なので季節はゆっくりやってきます。
ようやく初夏から夏の景色に変わってきました。


ガルデナーたちで手植えした田んぼ。
機械植えのスパ~ッとしたストレートラインではなく、
フリーハンドの柔らかな線がほのぼのします。


さて、畑の様子。
玉ねぎはそろそろ倒れ始めました。
もう少しで収穫。


プチトマトもちょこっと実がつき始めました。


レタスは虫がつかず育てやすい。
ペリペリめくりながら長く食べられます。


とうもろこし、奥にはゴマさん。


ズッキーニは花がコンニチハ。


ネギ坊主はますますゴツゴツしてきて、
ネギオヤジになってまいりました。
もう、可愛くないね。


ジャガイモたち。


ハーブ園もにぎやか。
オレガノはイタリア料理に欠かせない。


ナスタチウム。
ほろ苦い葉や花はサンドイッチのマスタードがわり。


ボリジ。
もうすぐ花が咲きそう。
コンパニオンプランツにもなるそうです。


ストロングパクチー。
もっとも香りが強いそうです。
こんな可愛い花がつきました。


こちらはノーマルパクチー。
こっちのほうが香る気がするけどなぁ。


今年はカモマイルがよく咲きます。
せっせと花をつんではドライに。
なかなかのお仕事です。


夜は何の工夫もなくグリーンサラダ。
2人では食べきれないけれど・・・根性で食べます。
大皿に盛って、バッタになりそう。

大地の恵みを食べる


ゴマさんが畑から野菜をポイポイ持ってくる。
新鮮な野菜は、お昼ご飯の食卓に。
ニラはさっとゆがいてお浸し。


春菊や葉野菜の間引き。


ラディッシュ。
ベビーリーフとラディッシュはサラダで。


実家から大量に届いたトマト。
湯むきして、お砂糖と梅酢でお漬物にしました。
デザート感覚で、ペロリと食べられます。


食後のハーブティーの準備。
カモマイル、セージ、レモンバーム、ジンジャーミント。

夏に向けて野菜ばっかり食べるシーズン到来です。

何の花?

畑の花は結実する前に咲く花もあれば、
収穫時期を逃して不本意ながら咲いちゃう場合もあります。
どちらにしろ、本当に野菜っていうくらい美しい花が咲く。


菜の花畑の白いバージョン。
これは大根。


薄紫の花はジャガイモ。
花は摘むのか摘まないのか、マニュアルも賛否両論。
野菜の栽培はいろんな説があって、どれをチョイスするかは
育てる人のポリシーと、マメさによりけり。

ありがたいことです


裏の畑が荒れ放題になっていて、背丈ほどの雑草が生えていました。
助っ人部隊にも手伝ってもらってようやく草ぬきまで済んだら・・・。
近所の農家の方が、トラクターで整地してくれました。
もう、あっという間に広々とした明るい畑になりました。


すると、野の先生うたちゃんがやってきて、さっそくの苗づくり。


苗のアブラムシはてんとうむしが食べてくれます。
みんなが助けてくれる。
ありがたいことです。

ロードレース大会


クラインガルテンのある里山でロードレース大会がありました。


チームクラインガルテンは給水ポイントでサポート。


こんなちびっこアスリートも。
応援の旗が嬉しかったのね。


あのキャラクターも控えめに応援中。
走った人も、沿道の人も、思い思いに楽しみました。


日差しの強い一日だったので、ごほうびにソフトクリーム。
とうもろこし味。

畑はカラフル


初夏の畑はカラフルです。
視界はグリーンとブルーとホワイト。
爽やかな風がキモチいい。


先日、セージの花はグリーンと書きましたが・・・アレつぼみだったみたい。
こんな美しい紫色の花が咲きました。


今年はカモマイル大成功。
なんて可憐なんでしょう。
花を摘んで、ドライにしていきます。
自家製カモミールティが楽しめます。


ハーブは収穫して、天井からぶら下げます。
カラッとした空気の中だから上手にドライハーブに。


この白いポンポンはネギ坊主です。
食べるタイミングを逸してしまいました。
種とりにチャレンジです。


イチゴ!
小さくて恥ずかしそうに赤い実をつけてくれました。
昔のイチゴの味。
甘くって、酸っぱくて、素朴。

ハーブの花

ハーブはお花を咲かせないように摘み取りましょうとか。
無理です無理です。
人間の都合には、お構いなしにさっさと咲いてくれます。


セージの花。
華やかではないけれど、同じグリーンでこんなに素敵なんだ。
ドライになるのかな?
とりあえず根元から刈って吊ってみることにしましょう。


タイムのお花もかわいいなぁ。
ハーブの花たちの野性味あふれた姿が好き。
自分のお庭ができたらハーブを石垣に植えよう。
グランドカバーのようにさりげなく茂らせよう。
そんな野望が芽生えてきます。

カモマイル咲きはじめました


クラインガルテンのハーブガーデン。
ワタシ担当のエリアです。
昨年、池田町のカミツレの里でいただいてきた苗。
冬の寒さを乗り越えて花が咲きはじめました。


白い花がクルリと巻いてきたら収穫時だそうです。


チョンチョンと花を摘んで、さっそくハーブティーに。
よくリンゴの香りといいますが、たしかにフルーティ。
リラックス効果があるので、運転前とかは避けたほうがいいかも。
寝る前に飲むと一番いいですね。