作成者別アーカイブ: anzu

anzu について

1967年生まれのヒツジ年。生まれは東京(覚えてないけど)。3歳のときに滋賀県にお引越し。学生時代は京都。社会人になり仕事の都合で大阪へ。そして現在、再び京都で暮らしています。家族はダンナさまの≪ゴマさん≫と二人暮らし。 元エディター。今は本にまつわるお仕事をしています。

花だより お庭の花たち


気が付くとお庭はお花畑です。
春を謳歌している小さな命。


ぺんぺん草と呼ばれるナズナ。
黄色い子はイヌナズナ。
春の七草です。
葉っぱはお浸しにして食べられます。


ヒメオドリコソウ。


つくしたちもにょっきりと。


昨年、こんな子いたかしら?
ニリンソウだと思う、多分。


フキノトウがこんなに大きくなっちゃいました。


群生してるとかわいいイヌノフグリ。
それにしても名前がかわいそう・・・。


水仙がボコボコ出てきました。
ニラと間違わないよう注意。


ヒヤシンスだよね、君。

花の名前に詳しくなりたいなぁ。
やっぱり季節の花図鑑買いましょっと。

花だより ご近所の公民館


歩いて2分の公民館。
図書室もあって、本当にお世話になっています。
そして、桜がお見事なんです。


遠くには中央アルプスが見渡せて絶景!
なのですが、桜目当てで訪れている人を見かけない。
それぞれのお家に見事な桜の木があったり、
街道沿いがどこまでも続く桜並木があったりして、
桜に関しては供給過多です。

モロゾフのワッフル

大阪市北区芝田1-1-3阪急三番街 B2F


大阪梅田。
三番街のモロゾフのカフェは大好きなお店。
このワッフルが絶品なの♪
カリッとしたアーモンドがいい仕事しています。


ワッフルとアイスクリーム、生クリーム、プリンのセット。
とっても贅沢気分。
幸せになります。

花だより 春日城址公園


ムーミン谷にある春日城址公園です。
もちろん入場料なんてありません。
駐車場もばっちり完備。


有名な高遠の桜はタカトオコヒガンザクラ。
ヒガンザクラはソメイヨシノに比べて花が小ぶりで色が濃い。
野性味があって、たくましい佇まい。


桜、植えましたねぇ・・・。
場所取り放題です。
お弁当を広げて楽しむご家族連れがちらほら。
人間よりも桜の本数のほうが多い、確実に。


小高い丘の上にある公園。
園内の谷を利用して橋が架かっているのも景色ですな。


谷間にまで桜が植えられていて、
ピンク色に包まれているカンジになります。


橋の上から望めるは・・・


桜色の奥に街並み。
向かいの山並みが高遠。
うっすらと南アルプスが見えます。
晴れてたら山の稜線がくっきりのはず。


あまりに圧巻の桜に囲まれていると心がざわつく。
なぜ?
桜の魔力は計り知れない。


一番魔力のあるのはこの子。
ちょっと近寄りがたいデス。

花だより 伊那公園


野球場やテニスコートなどのスポーツ施設が並ぶ伊那公園。


小高い丘は日当たりも良く桜が満開!


伊那節発祥の碑がありました。
昔は伊那節をお披露目するお祭りもあったそうです。


透き通るような薄いピンクが青空に映えます。


神社があったりね。
小さな子供たちが鬼ごっこしてたり、穏やかな風景。


都会は花見客でごった返してるというのに。
あまりに贅沢なお花見です。


機関車と桜。
思わず見惚れます。

天竜峡


ムーミン 谷を竜のごとく流れる天竜川。
昔は恵みも、そして災いももたらす荒ぶる神のような存在だったとか。


諏訪湖から始まり、山々の清らかな水が流れ込んで、
いよいよ峡谷、天竜峡へとつながります。


1時間ほどで峡谷は巡れるそう。
お船に乗って、天竜川下りもチャレンジしたいな!


この日はつり橋を渡って引き返しました。
かなり揺れる・・・下をのぞくとお尻がキュ~ッとします。

花だより 高速道路にて


小牧ジャンクション付近。
桜のトンネルが続きます。


圧巻の風景。
写真では上手に撮れないものですね。
ドライバーさんはよそ見できないから
助手席シートの特権です。

着物日記 7/50


春色でコンサートへ。
この季節はパステル系が着たくなる。
でも大人ですからね、ちょっと彩度は落として・・・。
春霞のイメージ。

コントラバスリサイタル


ムーミン谷にある茅葺屋根のお寺。
小高い場所にあって、中央アルプスの山々が望めます。


このお寺で毎月、クラシックコンサートが開催されています。
なんてステキ!
この日はコントラバス&ピアノのリサイタルでした。

コントラバスはクラシック、ポップス、ジャズなど
色々なテイストを彩ることができる楽器。

低音がお寺の空間に響き渡って、
体の芯まで伝わってきました。

とくに、プロートのカルメンファンタジーには感動。
現代風のクールビューティーなカルメンに恋しそう。

経ヶ岳の雪がなくなると・・・


今年はいきなりの陽気が続いて。
調子が狂っちゃう。
お向かいの野の先生、うたちゃんと畑の作戦会議です。


うちから見える経ヶ岳。
うたちゃん曰く
「経ヶ岳の雪が消えたら、もう霜は降りない」
こんな諺っぽい、名言を時々教えてくれます。
どんな教科書よりもありがたい畑のアドバイス。