着物日記 28/50


着物着こなし講座へ。
母にもらった反物、がんばって縫いました。
上半身の胴裏をつけていない、胴抜き仕立てにしています。
八掛とお袖の裏地はついているので、袷にしか見えません。
上半身は単衣なのでスッキリ着こなせます。
室内はしっかり暖房が効いている、現代の仕立て方としてはぴったりだと思います。


長羽織は丈の短い着物を縫い直しました。
着物の柄としては着にくいなぁと思っていた一枚。
こんな活用の仕方ができるのは、着物ならでは。