旧竹村家住宅


駒ケ根市郷土館。
大正期の洋風建築で駒ケ根市役所の旧庁舎だそうです。


大正期のお役所、こんなにかっこよかったんだ。
開拓期の米国で発達したコロニアル様式を取り入れて。
日本人の大工さんが試行錯誤して作ったんだろうなぁ。


同じ敷地内にある旧竹村家住宅。
江戸時代には代々名主をつとめた家柄だそうです。


お家の中に馬小屋がある農家スタイルながら、
使用人のお部屋やお役人をお迎えするお部屋があるなど立派なつくり。


お産専用のお部屋もあって、びっくり。
高い天井はすすで真っ黒。
ここに、何代にもわたる生活があったんだなぁとしみじみ・・・。