月別アーカイブ: 2018年8月

ボディパウダー


庭仕事が終わったら、もう汗ダクダク・・・。
シャワーのあとに、手作りのボディパウダーをパタパタします。
粉のメインはコーンスターチ。
ラベンダーの香りをつけました。
サラサラして気持ちいいですよ。

蜂にバチンされる


庭の紅葉の枝が伸びてきたので、剪定作業。
周りを蜂が飛んでるなぁ~とは思っていたんです。
でも、作業に夢中になっていた。
そしたら、突然のバチン!!
長袖、モンペ、手袋、帽子、メガネ、マスクの完全装備でしたが・・・。
ほんのちょっぴり露出していた顎を刺されました。

急いで吸引器で毒を吸い出し、休日診療のお医者さんへ連絡。
信州のお医者さんは慣れたものです。
例年より暑いから?今年は蜂さん被害が多いそうで。
注射とお薬をいただき安静に過ごしました。
2日目くらいまでコブとりじいさんみたいでしたが、
早めの処置のおかげか、痛みもかゆみもなく早めに回復しました。

後日、紅葉の木を見たら小さな蜂の巣が枝の先にありました。
そりゃ、蜂さんも全力で阻止するよな。
お気の毒なことに、巣はもぬけのから。

で、教訓。
庭仕事のときは蜂さんの羽音に気を付けよう。
少しでも羽音がしたらすぐ退散しよう。

野草講座 陣馬形山の木を調べよう


93歳のおじいちゃん先生に教えてもらった木々のお話。
先生は、何も見ずに講義されます。
あっぱれなのです。


令法(リョウブ)。
枝先に白い花をつけます。


飢饉のときに葉っぱを食べたそうです。
それが令法飯。
ただ、ゴワゴワしてあまりおいしくなかったそうです。


黒文字(クロモジ)。
高級な楊枝の材料です。
さわやかないい香り。
漢方薬としても知られています。
あの養命酒にも入っているのですよ。


これは山栗(ヤマグリ)。
まだ青々しています。
昔は朝ごはんを作る前に、お嫁さんは栗拾いに行かされたそう。
嫁はこき使われていたのね。
一年中お茶菓子にされて重宝されていました。


山梨(ヤマナシ)。
果物の梨の原種です。
小さなピンポン玉くらいの果実。
ちょこっと齧ったけれど、遠くに梨の味、近くに渋々。


猿梨(サルナシ)。
外観も中身も、味も小さなキウイフルーツっぽい。
ツルも丈夫で、小物づくりに使われます。


帰り道、山毛欅(ブナ)の古木を見に行きます。
熊注意のポスター・・・。


森の中におじいちゃんブナが静かにいらっしゃいました。
これはパワースポットだ。
小さなことにクヨクヨすんな~穏やかにいけよ~。
そんなメッセージ、受け取ってしまった。
ブナじいちゃん、ありがとう。

野草教室 in 陣馬形山


ムーミン谷にて、木々や草花のお勉強をする講座。
身近な植物にも、ちゃんと名前がある。
当たり前だけど、ただの「木」や「草」じゃないのだ。


先生は、なんと!!御年93歳。
とっても元気、声は大きいし、しゃきしゃき歩かれる。
しかも、記憶力は図鑑や辞書並。
植物についてはもちろん、小説や、俳句、唄にいたるまで、
すべて頭の中に入ってるのです。
そのすごさに、ただただ感服。
ムーミン谷の自然にその元気の秘密があるのでは?


今回の教室は、陣馬形山。
山頂からはこの雄大な景色が望めます。
しかも、山頂まで車で登ることができる。
山頂でキャンプされている方もいらっしゃいました。


ムーミン谷の地形がよくわかります。
山から湧き出た水が、中央の天竜川に注ぎ込む。
山から雲が生まれ、風に流されていく。
自然の息吹を感じながら深呼吸~。

土曜日は米玉堂食品


クッキーやビスケットの米玉堂さんの工場。
土曜日だけ売店がオープンします。


おいしいお菓子が、とっても安く買えて・・・ありがとさんです。
コーヒータイムに少しずついただきます。

「信州四季暮らし」横山タカ子/著


■信州四季暮らし 横山タカ子/著 地球丸/発行

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
四季折々、その一瞬一瞬の輝きに日々寄り添い続ける料理家の暮らしを、素材を生かすシンプルなレシピ63品とともに紹介。


1年のうち300日は着物で暮らし、チクチクと針仕事にいそしみ、庭仕事や山野草も大好き。
そんな横山タカ子さんの本職は、郷土料理研究家です。
信州の四季に寄り添った、毎日がとっても素敵。
こんなふうに年を重ねていきたいなぁと思います。
と思いつつもなかなかできない。
なぜだか、毎日無駄にバタバタしてる。
落ち着きのある人になりたいのにね。

ミドリナカフェ マウンテンバイクの道づくり


森を活用し、森を知る勉強会、ミドリナカフェ。
山の中にマウンテンバイクのトレイルをつくり、活動している方のお話をお伺いします。


世界的にはメジャーなスポーツのマウンテンバイク。
山の中のオフロードを滑走して楽しみます。


ところが、山の所有者や登山者とのトラブルもあったりで。
どうやって、広めていくか課題も多いそうです。


地元の方の了解を得て、林業用の古い道をマウンテンバイクに活用しています。


さらに、よりマウンテンバイクに適したトレイルも作成されています。
坂の角度、カーブなど面白く、安全に楽しめる道づくり。
木を切らず設計していくそうです。


デモンストレーション。
里山の方との円満な関係を続けるため、現在は、ガイドが同行して利用者を案内するシステム。
森と人々の新しい関係づくりは、住む人、遊ぶ人、働く人で、分かり合うことが必要なんですね。


さて、お昼ご飯は未来塾さんにて。
とっても、素敵な古民家。
それにもまして、素敵な女将さん。
宿泊もできるそうですよ♪


自家製野菜がたっぷり入った、カレーは甘酒が隠し味。
キリリと辛いけれど甘みも滋味もあってモリモリ食べられます。
ムーミン谷へ旅に来られた方に、おすすめしたいお宿です。

梅庵

伊那市荒井内の萱7088-2


ムーミン谷は、谷なので30分も車で走れば山の中。
小さな里の集落が点々とあります。
そんな里にあるお蕎麦屋さん。


標高が高いので、空気はすでに秋。
秋は山の頂からやってきます。


お店の名物は「鴨焼き」なのですが・・・。
残念!売り切れでした。
次回にお楽しみはとっておこう。
で、玉子焼きお願いします。
少し甘め、でっかい、懐かしい、おいしい。


行者さんのお蕎麦です、
ちょっと平打ちのフェットチーネみたい。
お塩で木の実のような香りを楽しむ。
焼き味噌で香ばしさを感じる。
おつゆでズルッといく。
山の空気を吸い込んでごちそうさま♪

伊那まつり 花火大会


関西の花火大会といえば・・・大混雑。
電車は満員だし、会場はすし詰めで足が遠のいておりました。
こちらでは、程よく賑やか、のんびり鑑賞。


打上ポイント付近で見ていたので、花火は真上に上がります。
音楽花火は、火事かと思うほどの迫力。
頭の上に、花火を包んでいた紙がポトポトと落ちてくるほどの臨場感!
一瞬のためにさまざまな方が尽力されている、本当に感謝です。
夜空を彩る、美しくも儚い花々に魅了された夏。

伊那まつり Dancing on the Road


夏のおたのしみ、伊那まつり。
一日目は、町中をみんなで踊るイベント。


あの、宇崎竜童さんプロデュース、
Dancing on the Roadという曲にのって踊り練り歩く。


なんと!!飛び入り参加させていただきましたです。


ドラゴンは、ムーミン谷を流れる天竜川がモチーフ。
法被にも、ほらドラゴンです。


すごく、激しい踊りなんですのよ。
ワタシは3セットほど、参加させていただきましたが・・・。
もう汗だくだくです。
本気モードの皆さんは、このまま2時間踊り続けます。
激しく、楽しい!