書店ガール(2)最強のふたり


■書店ガール(2)最強のふたり 碧野圭/著 PHP研究所/発行

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
吉祥寺に出店する大手書店チェーンに転職を果たした理子と亜紀。しかし、大型書店の店長という、いままでと違う職責に理子は戸惑っていた。一方、文芸書担当として活躍する亜紀にも問題が。妊娠をきっかけに起こった夫との確執、書籍の回収騒動ー。そんな忙しい日々の中、本と本屋の力を信じる二人が考え出した新たな挑戦とは?書店を舞台とした痛快お仕事エンタテインメント第二弾。


書店ガール2巻目。
女子が働くこと、今度の壁は妊娠・・・。

女性生き方、働き方には分かれ道が何度も訪れる。
ママになって働くことの是非は一言で片付くことではないけれど。
社会全体が、人件費を削ることにやっきになって、
最小限の働き手で回すようになっている現実はそこにある。

子育て、介護、そして本人の病気など。
人生で起こる働き手のリスクを吸収できない余裕のない職場ってのはどうかなぁ。
職場にも人生にも「遊び」は必要だと思う。