月別アーカイブ: 2018年1月

高烏谷神社


ムーミン谷から眺める中央アルプス。
遠い山はブルーに見える。
東山魁夷のブルー。


アカマツの参道が美しい高烏谷神社へ。
何の音も聞こえない。
静寂の中に響くは雪を踏みしめる音だけ。


ゴマさんはドライビングシューズで。
足が落ち葉に埋もれて後悔しきり。


ワタシはちゃ~んとスノーシューズ。
ワンタッチ式のスパイクまでついています。
ムーミン谷では必需品。


高烏谷天狗(猿田彦命)を祀っていらっしゃるそうです。
お山の神様に、一年の平穏をお願いしました。

寒い日は家しごと


寒い日はお家しごとに精を出す。
夏に果樹園で収穫したブルーベリーをお砂糖煮に。
あまり煮詰めず、ヨーグルトソースに。


溶かしたチョコレートをコーンフレークにからめて。
自家製のチョコフレークは、ゴマさんがバクバク食べちゃう。
作っていいのか・・・。


保存しているジャガイモを茹でて。
ポテトグラタンとポテサラになる予定。


ゴマさんは、最近調子の悪いビデオデッキを分解お掃除中。

ヒヨドリ


我が家の松がお気に入りなのか、よく遊びに来てくれます。
ヒヨドリだそうです。
ボサボサ頭に赤茶色のほっぺたが特徴。
世界で日本近辺にしかいないのだとか。
ヒーヨヒーヨとよく響く声で鳴きます。

やってみたかったコレ


中央アルプスのおかげで、雪はあまり降らず。
日中はお日様がでるけれど、やっぱり寒い!
で、やってみたかったコレ。
手ぬぐいをクルクル回します。
立ちましたよ~♪
中綿入りのジャケットを外に干してたら、
中綿が凍ってカチカチジャケットになりました。

どんど焼き


ムーミン谷で迎えた初めてのお正月。
玄関などのお飾りやだるまは道祖神様の前に集めます。


ひときわ高い位置に何やら結び付けて・・・。


一週間後、どんど焼き。
お飾りやだるまを燃やして、お餅焼き。
縁起ものですね。


あの高い位置に結ばれていたのはコレ。
「ほんだれ様」という稲の豊穣を祈るお飾りです。
神棚にあげておきます。

穏やかな空の下、昨年の無事の感謝と、今年一年の平穏を祈って。

大寒波のムーミン谷


先週は日本中が大寒波や大雪にみまわれました。
ムーミン谷はどうだったかと言うと・・・。


5センチくらいかなぁ。
サラサラの雪だったので、風が吹くと巻き上げられて・・・。
寒い!が、ちょっと嬉しくて庭駆け回る。

レッグウォーマー


年末から編んでいたレッグウォーマーが完成しました。
お風呂のお湯が入るまで、
オーブンのパンが焼きあがるまで、
テレビのドラマを見ながら。
ちょっとした「すきま時間」に手を動かしてたらいつの間にか編みあがりました。


毛糸そのものに色がついていて、ただくるくる編むだけです。
無地だと単調だけど、色が次々変わるので編んでいてもあきない。
しかも、とっても温かくてムーミン谷の冬には必需品。

私にふさわしいホテル


■私にふさわしいホテル 柚木麻子/著 扶桑社/発行

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「元アイドルと同時受賞」という、史上最悪のデビューを飾った新人作家・中島加代子。さらに「単行本出版を阻止される」「有名作家と大喧嘩する」「編集者に裏切られる」etc.絶体絶命のトラブルに次々と襲われる羽目に。しかし、あふれんばかりの野心と、奇想天外なアイデアで加代子は自分の道を切り拓いていくー。何があってもあきらめない不屈の主人公・加代子。これぞ、今こそ読みたい新世代の女子下剋上物語。


こんなヒロイン見たことない!
王子様が現れたり、魔法使いに助けられたり・・・。
そんな他力本願なんてあてにしない。
自分の夢のため、目標のため、手段を選ばずのし上げっていく。
そのなりふりかまわない姿が痛快です。
女子版、半沢直樹。
ドラマにしたらぜったいオモシロイと思うけどな。

DESTINY鎌倉ものがたり


寒い日は、映画館で過ごす。
ずっと見たかった「DESTINY鎌倉ものがたり」。
絵本のようなファンタジックな作品。
二人が住む赤いお屋根のお家がとっても可愛い!
こんな家に住んでみたいなぁ。