月別アーカイブ: 2015年4月

黒田庄 荘厳寺

西脇市にせっかく足を運んだんので、黒田官兵衛サマゆかりの黒田庄へ。
15043001
官兵衛サマが生まれたとされる地。
黒田城址はこんもりした小山ですが、中には入れず。
ほぉ・・・とただ見上げる。
黒田官兵衛ゆかりの地の、のぼり旗がはためくばかりでちょっとさびしい。
それにしても、ここから信長や秀吉に会うために、滋賀や岐阜まで
赴いていたのだと思うと、なんとまあ・・・ご苦労様です。
15043003
官兵衛サマの家系図が伝わるという荘厳寺へ。
うかがった時にはお庭には立派な桜が咲いておりました。
15043004
本堂へはこの階段をてくてくと登らなくてはなりませぬ。
苔むして美しい参道です。
紅葉がきっときれい。
15043005
てくてくてく・・・けっこうきついぞ!
15043006 15043007
本堂と多宝塔。
誰もいなくて、ひたすら静か。
戦国の世に思いを馳せてみる。
兵どもが夢の跡・・・。

Coupé Baguette

兵庫県西脇市板波町51-7

パン好きが講じて、自宅に週末だけの小さなパン屋さんをオープン。
今では予約で全部売り切れてしまうそう。
ゴマさんが、Coupé Baguetteさんのブログを熱心に読んでいて、
一度、パン屋さんへ行ってみたい!ということで、
西脇市までパンを買いに遠征です。
15042802 15042803
本当に普通の一軒家のお店のお庭に小さな箱のような店舗。
全部予約で売れてしまうから、お店にはパンを並べておくスペースはありません。
15042801
パン屋さんは、機材など先行投資がかなり必要なんですよね。
ところが、Coupé Baguetteさんは市販のオーブンからスタート。
その後いろいろ試行錯誤されて、シンプルな機材で
長いバゲットまで焼かれています。
予約で売れてしまえば、無駄も出ない。
こんなミニマムなパン屋さん、すごい!
15042804
本日購入したパンです。
小麦の味がしっかりして、材料はいいものを使っていらっしゃるのがわかります。
どのパンもシンプルながら丁寧な手作業をされているんですね。
とってもおいしかったです。

ごちそうさまでした!

タイ料理 キンカーオ

京都市下京区七条大橋西詰北側鴨川ビル2F

実は最近、辛いものが苦手になってきました。
若いときはヒィヒィ汗をかきながら、激辛料理食べていたのにね。
でも、なぜか春には刺激的なものが食べたくなる。
冬の体から目覚めるためのカンフル的にほしくなるのかな?

というわけで、七条大橋のタイ料理屋さん「キンカーオ」へ。
15041607
雑居ビルの2階。
窓からは鴨川や東山が眺められて、明るいお店です。
15041609 15041608
辛いものが苦手・・・といいつつもココナツカレーが大好きなのはこまったものだ。
最初は甘さがやってきて、「あっ、大丈夫かも♪」と安心したころに
後からやってくる「辛~い!!」でも「うま~い!!」
顔から汗が噴き出して、冬の間機能していなかった汗腺が開くのがわかります。
もうひとつオーダーした、日替わりランチの鶏とバジルの炒め物は
ぜんぜん辛くなくて、むしろ甘めで、ヒィヒィのお口を鎮めてくれます。
つけあわせもおいしくて、かなりレベルが高いです。
15041610
デザートとお茶です。
このデザート、初めて食べた!
液体のプリンのようなスープにフルーツやお豆が入っていて、おいしい!
なんだか元気が湧いてくるランチでした。
15041611
おまけ。
お店にこんなポスターが。
ネプチューンの名倉さん・・・ほんまにタイの人みたい。

アンソロジーおやつ


■アンソロジーおやつ 阿川佐和子ほか/著 パルコ出版/発行

阿川佐和子、阿部艶子、江國香織、尾辻克彦、開高健、角田光代、木皿泉、久住昌之、久保田万太郎、幸田文、小島政二郎、酒井順子、荒川洋治、佐藤愛子、獅子文六、柴崎友香、東海林さだお、武田百合子、辰野隆、種村季弘、團伊玖磨、筒井ともみ、長嶋有、安野モヨコ、中村汀女、蜂飼耳、林望、藤森照信、古川緑波、三浦哲郎、南伸坊、向田邦子、村上春樹、森茉莉、池波正太郎、森村桂、矢川澄子、伊集院光、五木寛之、井上靖、内館牧子、内田百けん/著

はぁはぁはぁ・・・・。
著者を書くだけで疲れてしまった。
それにしても、錚々たるメンバーですね。
執筆された時代が、とうぜんながらバラバラなので、
「おやつ」というひとつのテーマながらとても興味深く読みました。
「シュークリーム」を見たこともないという方もいれば、
「甘栗むいちゃいました」まで、実にさまざま。
それぞれの作家の文体、空気感も味わいながら、
甘い時間を過ごさせていただきました。
寝る前に一章ずつ読むと、温かい気持ちになります。

セクションドール

京都市左京区岡崎西天王町84-1 M&M’s APARTMENT 1F
15042403
予約必須のタンドリーチキン専門店。
それは、インド料理屋さんのタンドリーチキンとは違うベクトルで、とにかく
一度食べてみなはれ!とウワサには聞いておりました。
さあ、前日に予約もしましたよ。
いただいてみましょ。
桜舞い散る疎水のそばにセクションドールさんはございます。
15042401
メニューがテーブルに置かれました。
開けてみると・・・タンドリーチキンの文字のみ。
そうです。
タンドリーチキンしかありませんからね。
でもちょっと楽しい。
2皿お願いします。
15042402
オーブンにチキンが投入されて、香ばしい匂いが漂ってきました。
お腹がグウッとなっても、がまんがまん。
窓からの景色をじっと眺めて待ちましょう。
はい、お待たせしました。
チキンがド~ンとお皿に鎮座。
グリルしたお野菜とパン。
実にシンプル、飾らない・・・でも素敵♪
チキンはどこまでも香ばしく、ジューシー。
お野菜はワイルドでそのものの味が口に広がります。
食べ物を噛み締める喜びよ。

ごちそうさまでした。

無鄰菴

京都市 左京区南禅寺草川町31

15042404
無鄰菴は明治・大正の元老である山県有朋が京都に造営した別荘。
有朋はこの別荘の庭園をこよなく愛し、しばしば訪れましたが、
その後大正11年に83歳でこの世を去っています。
15042406 15042405
庭園は有朋自らの設計・監督により、造園家・小川治兵衛が作庭。
ゆるやかな傾斜地に疏水の水をとり入れた池泉廻遊式庭園です。
15042407 15042408
お屋敷の縁側に座って、ぼんやり・・・。
風の音、キラキラ輝く日差し、鳥の声。
心がやわらいでいくのを感じます。
ここでお抹茶をいただくこともできるんですね。
京都観光のいっぷく時間を過ごすのにもいいのではないでしょうか。
15042409
無鄰菴を出てすぐ、瓢亭がありました。
瓢亭玉子の朝ごはんで有名なお店。
まるでセットみたいな建物。
こんなところにあったんですね。

インド料理 シタラ

京都市北区紫野西舟岡町13-2

15041606
ご近所にインド料理屋さんができていました。
とりあえず、食べてみなくちゃ!ですよね。
15041605
こちら、ランチでございます。
そういえばインド料理屋さんって、まずかった記憶がないなぁ。
スパイスの香りをかぐだけで元気が出るし、
体の中のめぐりがよくなるような気がします。
チョイスしたチーズナン、おいしかったです!
15041604
ここのお店でびっくしりたのは、カレーラーメンがあったこと。
インド料理屋さんで見たことないよ。
スープはカレーの風味はしっかりするけれど辛すぎることなく食べやすい!
これ、うまいかも。
ワタシはとっても気に入りました。

ごちそうさまでした!

ハルさん


■ハルさん 藤野恵美/著 東京創元社/発行

若くして妻を亡くした父・ハルさん。
たくましく、しっかりモノの娘・フウちゃん。
フウちゃんの結婚式の日に、父娘の日々を回想するというカタチでストーリーは進みます。
温かくてせつない毎日に、小さな謎が組み込まれていく。

最後は、ちょっとホロリとします。
桜の花びらが舞い落ちる、今の季節にぴったりかも。

カルドでスパゲッティー

京都市下京区西木屋町通四条下る船頭町192

15041603
四条河原町、マルイの裏路地にひっそりたたずむお店、カルド。
ここだけ時間が止まっているようです。
もう閉店しちゃいましたが、玉子サンドで有名だったコロナや、
今も現役、老舗のフランソワ喫茶店も近くです。
昭和初期、おそらくこの辺りには文学青年や芸術家が集い、
熱くけだるく、とんがって、語り合っていたのかな?
15041601 15041602
さて、ランチです。
キノコのスパゲッティーとチキン&トマトのスパゲッティー。
気負った風でもなく、丁寧な味付けは安心できます。
玉子スパゲッティーやたらこスパゲッティーもおいしそう!
夜にはペアディナーがあるようなので、今度は晩ごはんにお伺いします。

ごちそうさまでした!

信州放浪 養命酒健康の森

長野県駒ヶ根市赤穂16410

15041615
長野県駒ヶ根市。
景色も空気もお水も清らかで美しい・・・。
だからかな?養命酒の工場がございまして・・・。
工場見学や施設内の散策、カフェでいっぷくなどできるようになっております。
ワタシたち、時間がなかったのでカフェとショップだけ寄せていただきました。
この、蔵のような建物がショップ、奥にカフェが併設されています。
15041612
窓からは白樺の林。
この日はとっても寒かったのですが、強烈なストーブのそばで
温まりながらの森をながめる、これぞ贅沢。
静かだし、なんだか落ち着くわ。
15041614 15041613
ランチはこんなかんじで。
ワタシは信州十四豚のハヤシライス。
ゴマさんは旬の野菜たっぷりのワンプレートランチ。
ご飯は十五穀米。
デザートに杏仁豆腐をいただきました。
健康に気を使う養命酒さんですからね、ランチも大変ヘルシーでございました。

お食事後はショップでお買い物。
新発売のフルーツとハーブのお酒を試飲させていただいたり、
ワタシはご機嫌ほろよい気分。
あっ、ドライバーさんは首からタグをかけられて、一切アルコールは
ふるまってもらえませんので。
(かわりに、ミネラルウォーターをいただきましたっ!)

お店もカフェもスタイリッシュで素敵なところでした。
今度は工場も見学させてもらおうっと。

ごちそうさまでした。