東北の音と糸ワークショップ

12月6日(土)
京都町家のパン教室「粉屋アカピーノ」さんで開催したワークショップ。
無事終了しました。
ご参加いただいたみなさま、お手伝いいただいたみなさま、ありがとうございました!
14121001
こぎん刺しワークショップでは、小さなもどこ(図案)を刺していただきました。
ハジメの一歩さえ通り抜けてもらえれば、あとは単純なストロークで刺せるのですが・・・。
慣れるまではちょっとだけガマンして、がんばってくださいね。
最初はとまどっていた方も、次第にペースアップ!
美しく刺していただいて・・・よかった!
14121002
さて、お次は万響(まゆら)さんの津軽三味線ミニライブ。
フランスからいらした建築科の学生さんたちに声をかけたら、
見に来てくださって、にぎやかなライブになりました。
14121004
日本の楽器と音楽に興味津々!
実際に津軽三味線を体験してもらったりと最後はとっても仲良くなりました。
14121003
ゴマさん、三味線の個人授業です。
三味線を安定して構えるのがそもそも大変!
これができないと、いい音が出ないそうなんです。
ゴマさん、がんばってやってみる?津軽三味線!

そうそう、この日、パン教室では抹茶と黒豆のシュトーレンを焼いてはりました。
これがとってもおいしい!
ご紹介はまた後日♪

ちなみにフランスの学生さんにもお味見してもらったのですが、
シュトーレンをご存じなくて・・・説明に四苦八苦!
シュトーレンってドイツの、ですものね。
フランスではブッシュドノエル、だそうです・・・。